建造物の被害調査について

問い合わせから建物調査の開始まではどれくらいかかりますか?

地域によって異なりますが、お問い合わせから2~3日でお客さまに調査会社から連絡が入り、日程の打ち合わせを行うので、調査はおおよそ3~5日後となります。
※地域により、もう少し日数がかかる場合もありますのでくわしくはお問い合わせください。

無料調査の対象条件は?

築12年~50年の建物であることです。事務所・工場・倉庫・神社・お寺・学校・病院・酒蔵・店舗・旅館など、さまざまな建物が対象になります。ただし、金属製の屋根、傾斜のない屋根、陸屋根(平らな屋根)は対象外です。

無料調査はどれくらいで終わりますか?

被災状況や被災箇所により異なりますが、1時間〜1時間半で終わります。

調査の内容は?

屋根や屋上、外壁を調査して、被災箇所が無いか確認します。被災箇所が確認された場合、被災箇所を撮影し、お客さまに確認させていただきます。

自然災害による損壊かどうか分からないのですが、無料調査に申し込んでも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。対象条件に当てはまる物件(築12年~50年の建物であることです。事務所・工場・倉庫・神社・お寺・学校・病院・酒蔵・店舗・旅館など、さまざまな建物が対象になります。)なら問題ありません。

火災保険について

既に工事済みの場合も火災保険申請できますか?

直近の工事から3年以内であれば、申請可能です。ただし、工事代金の見積書または請求書が必要となります。過去の見積等が手元にない場合、取り寄せられるケースがあります。
火災保険は修理の後からでも請求できる【法人向け】

火災保険は何度でも使えますか?また、保険料は上がらないのですか?

被災するたびに申請をしていただければ何度でも火災保険は使えます。保険料は自動車保険と違い、等級制度ではないので、保険利用に対して保険料が上がることはありません。

雨漏りも対象ですか?

自然災害が起因の損害による雨漏りであれば、保険会社に災害認定されれば適用になります。くわしくは無料相談をぜひご利用ください。

なぜ火災保険で修理できるのですか?

火災保険は風災、ひょう災、雪災、水災などによる災害も補償しているからです。

お金・保険金について

積立式の火災保険なのですが保険を使うと積立した分が受け取れなくなりませんか?

保険として支払っている分と積立している分は別になっていますので、積立している金額は満期に受け取ることができます。保険を適用しても保険金を支払っている部分からの支払いとなるので問題ありません。

この制度を利用すると、保険金があがってしまうのでしょうか?

いいえ、火災保険には等級はありませんので、掛け金が上がることはありません。

調査の結果、保険金が受け取れない場合もありますか?

はい、あります。その場合、調査費用などは一切いただきませんのでご安心ください。

保険金は全額修繕に使う必要がありますか?

いいえ、ありません。下りた保険金は見舞金のようなもので、使途は問われません。保険金の一部を修繕に使い、残りは事業資金として利用することも可能です。

保険料が下りなかったらどうなりますか?

工事を中止するか、実費で修理するかをお選びいただきます。工事を中止する場合、建物調査費用や見積り費用などは一切請求いたしませんのでご安心ください。

「本当に建物の修繕費用が
火災保険から出るの?」

はい、出ます!
ご相談・お問い合わせだけでもどうぞ。

受付時間 10:00~18:00 (土日祝を除く)

03-6381-5281

03-6381-5281

受付時間 10:00~18:00 (土日祝を除く)

電話お問い合わせ

メールお問い合わせ