作成日 最終更新日

【店舗経営者必見】雨漏りを修理して店舗のトラブルを解決できる!

建物(店舗)のトラブルで多いものといえば、雨漏りです。しかも、雨漏りは突発的に発生することも多々あり、いつ発生するかが予想しにくいケースもあります。
つまり、雨漏りが起こるであろうという準備をしている人は、ほとんどいないと思われます。

実は、雨漏りは火災保険で工事ができる場合があるのをご存知でしたでしょうか。これは一般的な個人向け火災保険だけではなく、法人向けの火災保険においても、契約内容によって雨漏りの工事を火災保険で賄うことができます。

では、どのような状況であれば、雨漏りの工事を火災保険で修理できるのでしょうか。

火災保険が雨漏りに適用されるためには?

考える
「火災」保険という名前がついている以上、補償される被害は火災によるものだけと思われがちです。しかしながら、火災保険は契約内容によって、多くの自然災害による被害の補償を受けられますし、盗難や自動車の衝突など突発的・偶発的な事故の補償を受けることもできます。

法人の火災保険は「建物と家財の両方」にしておくことで万全の体制を整備しておくことをおすすめします。

そして、契約内容に「風災・雪災・雹災補償」を含めることで、多くの雨漏り被害が補償対象となります。この補償があると、台風や強風、大雨、大雪、雹などの自然災害による被害が補償されるため、これらが原因で起きた雨漏りが火災保険で修理できるようになるのです。

風災により雨漏りが起こることは多い


実際、風災により雨漏りは発生しやすくなります。というのも、台風や竜巻・暴風など強い風と大雨がセットでやってくると、被害を受けた屋根から雨水が建物の内部に浸入し、屋根裏や壁の内部を伝って、天井や内壁から染み出してくるからです。このような自然災害が原因で起こった雨漏りは、火災保険の補償対象となります。

具体的には、台風によって屋根材が吹き飛ばされて雨漏りが発生した場合や、台風で飛んできた飛来物が外壁にぶつかり雨漏りが発生した場合、大雨や豪雪で雨樋が壊れて雨漏りに発展した場合などが対象となります。

火災保険が適用されないケースもある


火災保険で補償される被害は、あくまで火事や自然災害(地震・噴火・津波による被害は除く)なので、それ以外の原因で雨漏りが起きた場合は補償対象にならないことがあります。具体的には、以下のようなケースでは火災保険が適用されないので、自費で修理することになります。

経年劣化による雨漏り

火事や自然災害とは、無関係に単なる経年劣化によって雨漏りが発生した場合は火災保険の補償対象にはなりません。

屋根や外壁は、新築で建ててから時間が経つにつれ劣化していくものです。そのため、経年劣化による雨漏りも火災保険の補償対象にしてしまうと、保険会社の経営は成り立ちません。

定期的なメンテナンスを行わずに、10年以上放置している屋根や外壁で雨漏り被害が発生した場合は、経年劣化と判断されることが多いので、定期的なメンテナンスは欠かせません。また、屋根の経年劣化はなかなか気づかないことが多く、あまりに劣化が進んでいる状態ですと、雨漏りどころか屋根が壊れてしまうこともあるので注意が必要です。

初期不良による雨漏り

新築時の初期不良により雨漏りが発生した場合は、火災保険の補償対象にはなりません。
初期不良は、施工会社の人的ミスと判断されるので、火事や自然災害とは無関係と判断されるからです。ただし、店舗の新築から10年以内に雨漏りが発生した場合のみ、建物を建てた建築会社が雨漏りの修理を無償ですることになっています。これは、建物の売主は、10年間の瑕疵担保責任補償を負うことが法律で定められているからです。ちなみに、10年の間にその会社が倒産していた場合でも、住宅瑕疵担保責任保険を使うことはできるのでご安心ください。

店舗リフォーム時の不良による雨漏り

屋根の塗り替え・葺き替えや増築などを行ったときに、誤って屋根材などを割ってしまうなどして、雨漏りの原因になる可能性はゼロではありません。このケースも、リフォーム会社の人的ミスと判断されるので、火災保険の補償の対象外となります。

人的ミスは業者の責任になるので、業者に修理代を賄ってもらうことになります。この際注意したいのは、業者がリフォーム保険に入っていることを確認することです。リフォーム保険に入っていない業者の場合、雨漏りのような案件は後々トラブルになってしまうかもしれません。

このように、火事や自然災害以外が原因となる雨漏りは、火災保険の補償対象外です。しかしながら、台風が来るたびに屋根をチェックするのは難しいと思いますので、雨漏りの原因が何かは専門家でも難しいといわれています。

雨漏りに関して心当たりのある場合は、後述しますが「事業者災害対策機構」に相談してみることをおすすめします。

「本当に建物の修繕費用が
火災保険から出るの?」

くわしく知りたい方はお電話ください

受付時間 10:00~18:00 (土日祝を除く)

03-6381-5281

雨漏りの修理で火災保険を使う際に注意すべきこと


雨漏りの修理費用を火災保険で補償できるということは、経費の削減につながります。そのため、計画的に火災保険に加入することがポイントになります。しかし、火災保険に加入するだけでは万全な準備とはいえず、以下に紹介するようなポイントにも注意しましょう。

業者とは火災保険が下りることが確実になってから契約する

雨漏りの工事を火災保険で賄おうとしても、最終的に保険金がおりるとわかるまでは安心できません。もし火災保険が使えないのに事前に修理業者と契約していると、工事を行うにしてもキャンセルするにしても自己負担のお金が発生します。

優良業者は最終的に保険金がおりない可能性があるため、最後まで契約をしないで待ってくれるケースもありますが、悪徳業者の場合はとにかく契約を急かされます。それで先んじて契約をしてしまうと、後々トラブルにつながる可能性がありえるでしょう。

とはいえ、雨漏り被害がひどい場合は、保険金が支払われるのを待たずして工事をスタートするということもあるでしょう。この場合は、お客様ファーストに立ってくれる、火災保険の活用に精通した専門業者に依頼することが大きなポイントになってきます。

自然災害による被害を受けた後3年以内に申請する

火災保険の有効期限…いわゆる時効は「3年」です。そのため、自然災害に遭った日が3年以内であれば火災保険の申請が認められています。これは工事を3年以内にする必要があるという意味ではなく、申請を3年以内にするという意味です。とはいえ、火災保険の申請は被害があった後すぐにするのが望ましいでしょう。

というのも、時間が経てば経つほど、その被害が自然災害によるものだということを証明するのが難しくなってしまうので、経年劣化と判断される可能性が高くなってしまうからです。ここでも悪徳業者は契約を急かすので、その点は注意しましょう。

申請から保険金が支払われるまで1~2か月ほどかかる

火災保険金は、申請してすぐに支払われるわけではありません。申請書類のチェックの後、保険会社が派遣する損害保険鑑定人(※保険会社ごとにことなります)の調査を経て、保険会社が最終的に金額を決定します。

そのため、申請から振込まで1~2か月ほどかかるのが普通です。しかし、保険金がおりるのを待っている間に、二次被害が出てしまう可能性もあります。二次被害に関しては、火災保険の対象外になることが多いので、応急処置はしておくようにしましょう。この点も、優良業者に依頼できれば、火災保険を活用しながら上手にやってくれます。

屋根の種類とメリット・デメリット


雨漏りは屋根から起こりやすいのですが、屋根材によってはどのような違いがあるのでしょうか。現在の建物で良く使用される3種類の屋根材を見ていきましょう。

瓦屋根

瓦屋根は、日本の伝統的な屋根材で「陶器瓦」「セメント瓦」が一般的な建物で、「本瓦」が寺社仏閣で使用されます。「本瓦」の方が高級な屋根材という位置づけです。最近の新築の建物では、後述するスレート屋根やガルバリウム屋根の建物が増えましたが、瓦屋根は何といっても長持ちするのが一番のメリットです。

メンテナンスをしっかりしていれば、50年以上長持ちすることはざらですし、火や水に強いというのも大きなポイントです。ただし、高級な瓦の場合は、全部を葺き替えるとなると100万円近い費用がかかるのはデメリットといえます。昔は「粘土瓦」と呼ばれる焼きものでかなりの重量でしたが、最近は軽量化された瓦も多く出ているため、重さのデメリットは解消されつつあります。

その中で、気温の変化に強く、夏は涼しく冬は暖かいというのは日本の気候に合っているといえます。ただし、台風や突風により瓦が飛ぶ可能性があること、気温の変化や凍結でひび割れが起こる可能性があることは覚えておきましょう。

スレート屋根

スレート屋根とは、セメントと粘土を固めて作った屋根材で、特に最近の新築住宅では多く採用されています。「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれることがありますが、これはスレート屋根の商品名です。

平べったい板状で非常に薄いのが特徴で、表面を着色できるのでデザイン性も高くなります。厚みをもたせて瓦形状にしたスレート屋根は、瓦屋根よりも安く軽いので以前は重宝されてました。ただ、耐久性がなく平板のスレートよりも高いために製造数が急減しています。

工場など大型の建物では波型に加工したスレート屋根が採用されることが多くなっています。また、天然石が使われ耐久性が高く色あせないスレート屋根もあり、スレート屋根はコストパフォーマンスが高く、機能性に優れているのはメリットです。太陽光や風雨など自然環境に強いこともあり、多くの住宅で採用されるようになりました。

しかしながら、軽量のために外れかかっているときに強風が吹くと簡単に吹き飛ばされてしまうため、定期的なメンテナンスが必要というデメリットもあります。

ガルバリウム屋根

ガルバリウム屋根とは、錆びにくいメッキを塗った鋼の板のことで、金属製の屋根材です。

薄くて加工がしやすいことから、屋根以外にも外壁や雨樋などにも使用されます。そのガルバリウム屋根の特徴といえば、その加工のしやすさからどんな形の屋根にも馴染むこと、金属製なので防水性が高いことです。そして地震にも強いというのもメリットでしょう。

しかし、断熱性が低いので、部屋の中が夏は暑く冬は寒くなりがちです。また、遮音性が低いので雨音が響くというデメリットもあります。

屋根材の耐久年数と定期メンテナンスの目安

このように、屋根材には主に3種類がありますが、それぞれ耐用年数も定期的なメンテナンスの目安も違います。以下に、それらをまとめました。

屋根材の種類とメンテナンス時期の目安

・瓦屋根…耐久年数は50~100年、メンテナンスの目安は25年
・スレート屋根…耐久年数は15~20年、メンテナンスの目安は20年
・ガルバリウム屋根…耐久年数は15~20年、メンテナンスの目安は20年

こうしてみると、瓦屋根の耐久性は抜群ですが、コスト的には一番高いです。そのため、瓦屋根の葺き替えの際にスレート屋根やガルバリウム屋根に変更する事例も増えてきています。

火災保険でお悩みの際は事業者災害対策機構にご相談を

このように、屋根材は種類によって耐久年数が異なるため、定期的なメンテナンスの目安も変わります。しかしながら、常に風雨にさらされている屋根材の劣化は避けることができません。そこで、「一般社団法人事業者災害対策機構」へのご相談をおすすめします。

弊社団では、企業に向けて火災保険の活用の啓蒙を行っていて、メンテナンスの際の調査においても火災保険が活用できる工事の提案も行っており、日本全国に加盟店がありますので、火災保険を活用した工事においても豊富な実績を誇ります。火災保険の活用でお困りの際は、ぜひ事業者災害対策機構へご相談ください。

  • Pocket
  • LINE
  • はてブ

「本当に建物の修繕費用が
火災保険から出るの?」

くわしく知りたい方はお電話ください

受付時間 10:00~18:00 (土日祝を除く)

03-6381-5281

03-6381-5281

受付時間 10:00~18:00 (土日祝を除く)

電話お問い合わせ

メールお問い合わせ